腰痛対策

腰痛に悩まされている人が多くいるのですが、腰痛が寝具と深い関係にあります。

腰痛防止策も良いのですが、寝具か考え直すのも必要です。

姿勢、肥満、筋力低下などと同様に本当に大切なことと言われています。

人間は人生の2/3を睡眠に使っていると聞いたことがあります。

眠ることがいかに重要なことか、睡眠を全く取らない人間は存在しませんからね。

もちろん人によって睡眠時間は異なりますが、睡眠を取ることによって日中に溜まった疲れを解消しています。

睡眠を取る事で身体機能が正常に働いて、健康な生活を送ることが出来ます。

腰痛対策だけではなく、質の高い良質な睡眠は健康維持に関しても重要な役割を果たします。

質の高い良質な睡眠は、熟睡をする為には自分に合った寝具が必要とされます。

腰痛対策においても同じことが言えます。

腰痛は無理な姿勢や体勢、労働などで蓄積する腰に対する負担といた風に、日中の生活環境の影響が背骨が歪み、血行が低下し筋肉が凝る、神経が圧迫されて痛みが発生する原因とされています。

こういった悪循環は、良質な睡眠で取り除くことで、背骨を矯正せいて血行を促進します。

そうする事で生活環境の痛みの緩和に繋がります。

このようなことを見てもわかると思いますが、寝具は言うつうに大きな影響を及ぼすのです。

寝具の状態が悪い状態であれば睡眠の質にも影響が出てきます。

布団の硬さ、柔らかさが合っていなければ疲労回復効果を得ることが出来ない事もあるのです。

敷布団が柔らかすぎると身体に良くないというのは知っている人が多いと思いますが、腰痛を予防するには薄い敷布団が良いとも言います。

しかしこれも腰痛と寝具の関係を考えると間違っている様な気がします。

薄い布団や硬すぎる布団の場合は体圧がかかりすぎてしまう可能性もあります。

血行低下や熟睡ができずに、結果的に疲労感が残り快適な睡眠生活はおろか、腰痛にも良くないと考えています。

適度な硬さのある寝具は仰向けに寝転んだ場合、肩と腰だけが寝具に沈みこんで行ってしまう事がありません。

全身の体重を身体の一部分だけではなく、身体全体で支えることが出来るので、腰痛予防や、快適な睡眠を得ることが出来るのです。

そして枕にも注目してください。

高すぎる枕、柔らかすぎる枕も良くありません。

そういった枕を使用し続けていると、背骨の自然なカーブを乱すことになりますので、結果的に腰痛の原因にもなります。

就寝に使う枕は、真っ直ぐに立っている状態を保つことの出来る高さの枕が良いと言われています。